2012年3月24日土曜日

卒業できました!

昨日、無事卒業式を終えて学位記をいただきました。
筑波に来てはや5年。色々な事がありました。
あんなことやこんなこと。思い出したくない思い出や、思い出したくない思い出。そして、二度と思い出したくない思い出、、、、勉学関係でなくてね。

5年って今思うとすんごく早かった。

M1:筑波に入学して、学生宿舎に入ってしまい、苦手な近所付き合いをどうやって拒否しようかを毎日ひたすら考えてた。どちらも坊主なYaぶきさんと、Yuぶきさんの違いが全然判らなかった。今では伝説となっているJSEPの悲劇が起こった年でもある。学会がトラウマになる。そして、学校辞めようかと真剣に悩み、あと一歩で辞めてた夏。

M2:M卒業で就職しようとしたが、全滅して茨の道に足を踏み入れることになった。YI&RK先生のおかげで学振に受かって、今後の人生がどうなろうがドンと来い!!と腹をくくる。

D1:Dになって、始めての論文書きでてんやわんやになってた。実験ばっかりしてたのでDゴンに怒られ、実験禁止令が出てひたすら論文書きの仕事のみを行う日々へと進んでいく。このころのDゴンはいつも体からトゲが出ていてすんごく怖かった。

D2:ここがなんか空白。なんかあったのか!?実験した記憶が無い。
国際学会での初口頭発表デビュー。発表中にプロジェクターが故障すると言うトラブルが発生。スタッフの人が色々修理してくれている間、なんか喋ってた。それで笑(苦笑じゃなくて)が起こったのでよしとする。
2回目の国際学会口頭発表。またしても発表中にプロジェクターが故障するというハプニング。どうやら、プロジェクターの呪いがかかっている模様。北極圏はめっちゃ寒かった。そして、一番おいしかった料理はケバブ@ノルウェー。ここで、来年度からのボスと運命的な出会いをする。たまたま同じホテルに泊まってて、朝食をご一緒させてもらってました。

D3:一番早かった。怒涛のように過ぎて行った。学振の書類が終わり、3本目の論文でもたつき久しぶりにめっちゃ怒られwith Euki、予備審査発表練習でズタボロの発表をしたり、FKshにちっちぇー男だなと罵られたり、学振落ちたと報告したら「おめでと~~!!」と言われたり、D論なんとか形にしたり、とかなんとかで無事に学位記をもらえた。

ちなみに昨夜は、Eukiと2時までカラオケ。一発目にあべまの「ふりぃ」をうたってしまい喉をつぶす。

そんなこんなでこんな5年間でした。(一部のプライベートな事情は省略)

Hッシー先生や、Y司先生、I田先生、Dゴンしぇんしぇぃ。には感謝でいっぱいです。
いっぱい怒られて泣きそうになったことも何度かありましたが、おかげ様で楽しく筑波での生活を終えることが出来ました。

来年度からの目標は、Dゴンに真っ向から立ち向かい勝負すること!!

明日の朝、筑波を旅立ちます。



寂しさで涙が出てしまい、目の前がかすんだために、ボスのwebページがよく見えなかった。

僕の名前が間違ってる、、、

0 件のコメント: