2012年4月7日土曜日

オレ すげー坂好きっぽい

ツールドつくばにエントリーしたし(クラスは男子一般)、春夏用のサイクリングウェアも1セット揃えたしで、今日は実際に当日レースで走るコースを走ってきました。

コースは平沢官衙遺跡からスタートして、直後に地元の自転車愛好家なら誰でも知ってる不動峠を登り始めます。4kmくらいは延々と登り。しかも最後は斜度10%を超える。僕なんかではアウターギアに入れてるとダンシング(立ち漕ぎ)無しでは登りきれないくらい急な坂です。そのあとは筑波スカイラインに入って、しばらくはアップダウンの繰り返し。蛇行した見通しの悪い箇所が多く、更に下りでは結構なスピードが出るのでカーブでは注意が必要です。この辺りは道に「二輪車進入禁止」と書いてあるので、「自転車は良いのか? ・・・でも上から降りてくる人もいるし、多分大丈夫だろう」とか思いながら走っていました。で、コースの最後はつつじが丘駐車場に至る風返し峠。ここも約1.5km登りだけですが、道も広いし最初の峠に比べればよっぽど楽でした。

スタートからゴールまでかかった時間はちょうど40分くらい。初めてなので行程がよく分からず、ある程度セーブして漕いでいたから、きちんとマネジメントすれば2〜3分は縮められるかな? 今回は意地を見せてアウターだけで登ったけど、不動峠だけでもインナーにシフトしておけばそれだけでかなり体力が温存できそう。13分カットできればエキスパートクラスでも優勝を競えますが、まぁそれは無理でしょう(笑)

ちなみにタイトルは漫画『弱虫ペダル』の真波山岳君のセリフですが、僕も登りの方が得意っぽいです。登り坂は小柄で体重の軽い人が有利らしいので、意外と向いているのかもしれません。


おまけ:走れば走る程、どんどん良いものが欲しくなってくるのは困ったものです。まずは一番効果があると言われるホイールを替えたいところですが・・・

0 件のコメント: