2012年6月27日水曜日

クライマーのゴールはいつもこうだ

勝者は空を仰ぎ見 敗者はうらめしそうに地面に伏す


・・・いつかそんな接戦をやってみたいものですね。

というわけで出場してきましたツールドつくば2012! 今年でまだ第四回という新しいイベントですが、出場者数は去年より大幅増で合計877名(筑波山の標高にちなんでいるそうです)。僕がエントリーした一般男子A部門(39歳以下)でも339人が完走していました。

気になるリザルトは36分弱でトップとの差は約7分。平均時速にすると20kmちょいで、部門順位は80位くらいでした。練習では38分を切れなくて苦しんでましたから、かなり本番補正が乗ってくれたと思います。大勢で競っているという空気の力はスゴイですね。初レースにしてはなかなかの結果だと満足しています。

ラスト1kmから2枚シフトアップ+ダンシング、ラスト50mは無呼吸で激踏したのでゴール直後は倒れそうなくらい息が苦しかった(登りとはいえ30km/hくらいしか出ていないゴールスプリントwww って感じなんですが、本人は必死です)ですが、レースの雰囲気は一人や少人数集団で走っていると全然違ってとても楽しく、新鮮でした。それと、知ってるメーカーや知らないメーカー、カッコいいホイールやコンポーネントなどなど、非常に多種多様なロードレーサーが拝めたのも面白かったです。痛ジャージも何着か目にすることができましたし(笑) 

来年も出場することができたら、33分くらいで走って50番以内を狙いたいですね。

おまけ:今回の反省点や感想
1. ペダリングスキルをきちんと身に着けて、ハイケイデンスクライムを習得する
2. 早起きして開会式にでる必要は皆無
3. 実力差はやはりマシンよりライダーに大きく依存するけど、良いホイールが欲しい
4. もっと自転車に乗りたい、速く走れるようになりたい。 

0 件のコメント: