2012年7月4日水曜日

妹との会話

現在B4の妹との問答

妹「何のために研究やってるとか、どんな研究をやりたいとか悩むことある?」

俺「何のためにならば”論文書いて次のポジションと金を貰うため”、どんな研究なら”自分の力でデータ出せて論文になるものなら全部”」

他にもあるっちゃありますが、これが僕の最低限のモチベーションです。だから研究に対する自分の姿勢は~hogehogeとか悩まない。それをするくらいなら手を動かしプログラムを書きコマンドを走らせデータを取った方が100倍マシだからです。

こういうこと言うとつまらない考え方だと思われるかもしれませんが、研究して食べていくと決めたB4の時からこれが正義と決めてやってきましたし、少なくとも向こう数年はこれでやっていくつもりです。 夢を見るのは足が地についてからでいいし、うだうだ悩んだ結果D取った後路頭に迷うとかはまっぴらごめんです。

勿論「好きだからやってる」ってのが第一でもあるわけですが。自分にとって良かったのは上の理由でやってきた研究すべてにおいて、手法であれ結果であれ何かしら自分にとって面白いと思えるところがあったことですね。

最近では手当たり次第ではなくてメインに取り組むテーマにある程度方向性を持たせた方がいいかなとも考えていますが、それも「どうすれば学振PDを獲得する確率を高められるか」という判断基準が根底にあるからですね・・・

0 件のコメント: