2012年11月14日水曜日

SC12 @Salt Lake City 1,2日目

初日はワークショップもほぼ無く、主にCCSのブースの設営準備のお手伝い。

某逆三角形屋根の建物みたいなConvention Centerが大会会場で、ホールも某ぎゃくさryと同じくらいの規模の空間がA~H, 1~5ととてつもない規模。

準備中もトラックやらクレーンやらが搬入され、外からの冷気でホール内ですら極寒の中でド派手なアトラクションがドンドン設営されていくさまは、生物関連の学会に参加しているだけでは味わえないものでした。

こんな感じ↓




これはあれか、学会っていうよりゲームショーとか超すごいコミケみたいな感じか(汗)

あと、会場内の至る所で無料でドリンクを配る配給者が所狭しと動き回っていました。




設営準備が大体終わったら、HPCS研の方々と昼食へ。会場近くのフードコートは日曜日はやってないみたいで、代わりに適当なファミレスを探して入りました。

マックではしょぼいハンバーガーしか食べなかったので、アメリカンスタイルのチーズバーガーを注文してみました。



ハンバーガーはそんなにデカくはなかったけど、ついてきたポテトがマックのLサイズくらいのデカさで、オーダーが来る前にお通しで出てきたパンを食べてしまっていたので最後らへんはお腹パンパンでしたw
美味しかったけど、ピクルスの風味がちょっと弱かったかなー


会場に戻った後も特にすることはなかったので、一冊の教科書くらいあるパンフレットを見て次の日以降の予定を計画。バイオインフォ関連のワークショップも一日2、3こくらいはあるみたいで、案外退屈せずに済みそうです。


午後6時くらいからレセプションパーティーがあり、でっかいバーを貸し切ってバンドも呼んだりして盛大な晩餐が開かれました。

・・・が、自分は昼に食べたハンバーガーが効いており、あんまり原色のネオンがピカピカ光ってダンスミュージックがガンガン流れるような場は好きではなく、結局ビール2杯くらい飲んだら比較的静かなロビーのソファで寝てましたw



2日目


この日は夜7時から企業ブースのオープニングがあるため、午前中はブース設営の最後の仕上げ。それが終わった後、午後のシンポジウムが始まる前には、昼食も兼ねて一人でブラブラ街を歩き海外旅行の楽しみの一つである教会巡り。

ソルトレイクの顔の一つであるTemple Squareにも寄ってみたけど、どうもモルモン教徒しか中には入れないみたいでがっかり。


が、敷地内のホールで12:00から30分だけオルガンコンサート(無料)があるみたいで、これ幸いとばかりに参加。


パイプオルガンの生演奏を聴くのは滅多にないですけど、やっぱ迫力あっていいですねー。ただ防音設備があんまりよろしくないようで、外の除雪車のエンジン音が終始ガーガー聞こえていたのがちょっと残念。まあ無料ならこんなもんか。


あとは、temple squareの近くにある別のデカい教会にも寄ってみました。


temple squareと同じくらい大きなモルモン教の教会で、内装のステンドグラスなどもとても綺麗でした。絵画や彫刻も多く興味深かったけど、中では数人がお祈り中だったので、邪魔しない程度に見回ってから会場に帰還。


午後7時からの企業ブースのレセプションでは、バイキングやドリンクバーが設置され、酒を飲みながら企業ブースの展示やプレゼンが始まる感じ。ここではHPCS研の学生と一緒に、SC12のメインイベントの一つであるNovelty Goods漁りの旅に出発。いくつかのブースで抽選があり、その商品がiPadだったりNexus7だったり豪華なので、とにかくwin a free ~~ !とかかれたブースには乞食のごとく突入!結果が分かるのは後日ですが、当たるといいなあ。

あとは、IEEEのメタリックで洒落たカレンダーなども貰いました。ここで初めて知ったんですが、IEEEをあいいーいーいーと呼ぶのはトーシロだとか。ちゃんと「あいとりぷるいー」と呼ばないと馬鹿にされるみたいです。


こんな感じで1,2日目が終了。ここまではオープニングの感じが強く。学会として専門分野のプレゼンが盛んになってくるのは今日から三日間みたいな感じです。

0 件のコメント: