2012年11月16日金曜日

SC12 @Salt Lake City 最終日

最終日

午前中はホテルで統計数理論文のゲラチェックなどしたのち、シンポジウムへ。

バイオインフォマティクス+HPCというような感じのタイトルの進歩だったので、実解析の話が聞けるかと思っていたんですが、どうもバイオインフォマティクス分野で現状HPCがどの程度使われているのかとか、未来像とか、どっちかというと抽象的な話が多くて自分としてはちょっと退屈でした。

この日で企業ブースの展示が終わるので、午後はCCSブースの撤収作業。このときに一緒に来ていた気象研の方から聞いた話が結構面白かった。

昨日invited talkで聴いた地球の気温変動に関するシミュレーションについてですが、あの手のシミュレーションは、たとえば1970年時点からシミュレーションを始めるとすると、シミュレーションのためのパラメータは観測値おwもとに設定するのではなく、ランダムにでたらめな値を入れるみたいです。これは、そもそも気候変動をシミュレートするといっても雲の動きや人間の社会活動など考慮できないレベル大きさのブレがあるので、真面目にパラメータ設定しても意味がないからです。

が、気候変動を正確にシミュレートするために、ある時点(たとえば1980とか)で得られた観測データとシミュレーションデータを比較し、観測データにfitしていなければモデルのパラメータを調整するのだそうです。

この部分が問題で、どの時点でパラメータを調整するかという点には、その時点で気温が上昇しているのか、下降しているのかということが深くかかわってきます。なので、気温が上昇した年代だけを選別してモデルのパラメータ調整を行えば、「気温が上昇する」という現象のみにフィットするよう調整されたモデルによるシミュレーションが行われ、将来的に地球の気温が上昇し続ける(=地球温暖化)ことを支持する結果が得られてしまうことになる、ということらしいです。

そこまで恣意的にモデル調整を行うということは無いと思いますけど、それでも地球温暖化の真偽については色々ときな臭い話があるようなので、今回聴いたようなビッグプロジェクトについても若干ながら懐疑的な印象を持たざるを得ませんね。まあ、気候変動とかパラメータの誤差大きすぎて正確なシミュレーションとか無理やろっていうのが率直な感想でもありますが。


ブースの片づけが終わったら、HPCS研全体で打ち上げ。皆でステーキハウスに行きました。



自分が頼んだのはフィレのミディアムレア。写真だと分かりにくいですけど、厚さは親指立てたくらいありましたw

前菜のエビのバーベキューソース仕立てとかも旨くて、ワインも3~4本ボトルであけたので、一人あたま平均$60ぐらいの高めの食事となりましたが、久しぶりに美味い牛肉が食べられて幸せでした。ライスとオニオンソースがあればもっと良かったのになー。


さて、これにてSC12も終わりです。
計算科学関連の学会として初めて参加しましたが、学会スタイルの違いなど新鮮なことが多かった反面、学術的な面からみるとまだ自分にはちとハードルが高かったかな、という感じでした。そもそもどんな発表を聞けば自分にとって有益となるか、その選別がうまくできませんでしたし、こちら側の専門的な話を英語でされても正直まだよくわからないことが多く、殆どフィードバックが得られなかったのが残念です。何はともあれ計算科学関連の大会の雰囲気というものは少し感じ取れたので、次はもう少し小規模な国内学会でちゃんと発表+ディスカッションして経験を積み、来年はこのSCに発表者として来られるよう頑張りたいと思います。

0 件のコメント: